【欅坂46】6thシングル 選抜発表を受けて感想とフロントメンバーについて

どうも、欅団長です。お久しぶりです。

【欅坂46】6thシングルの選抜発表がありましたね。

今泉のフロントメンバー、土生の2作連続フロント。などなど、

そこで今回のフォーメーションと選抜メンバーから今回の楽曲の想定とフロントメンバーから考えられる考察をお伝えしていこうと思います。

動画で見たい人はこちら

 

まずは、今泉佑唯のフロントメンバーの配置について

 

欅団長

これが一番の今回注目するポイントやでーー

はい、今泉がセンターの横の重要なポジションに入りましたね。ここに入るということはですよ、今泉の本格復帰が目処がたったと考えていいと僕は思っています。

前回シングルでは、3列目のセンターに入っていた今泉ですが、これは僕が考えるに体調面や精神面での不安が大きかったため、歌番組などの収録に抜けてしまうことが想定されたことによる配置だったと思います。

なぜなら、この位置だと、いなくても「フォーメーションを大きく変えなくていい」というメリットがあります。

今回はセンターサイドなので、ある程度収録参加などの目処がたったと考えるのが妥当ではないかと思いました。

 

Sponsored Link

 

土生瑞穂の2作連続フロントメンバー

 

欅団長

土生ちゃん、おめでとうーーー。

なかなか辛い思いをしてきたメンバーではあるかと思うので嬉しいです。

さて、今回のフロントメンバーですが左から

土生、鈴本、小林、平手、今泉、小池、渡邉理佐

となってます。このフロントメンバーから想像できることですが、

 

欅団長

かっこいい系のダンスナンバーなのかな

と思いました。両サイドのメンバーがクールでかっこいい系全体的にダンス上手いメンバーが揃っている印象ですね。

 

長濱ねるの裏センターポジションについて

ねるちゃんですが、ここ最近は、写真集発売もあり、売れ行きも絶好調で一気に注目をあびています。

ほんと一気にスターになっちゃいましたねーーー

ちまたでは、「ねるのセンター説」みたいなのもありましたが、これは今後もいわれ続けるでしょう。ただ今回のポジションも「裏センター」といわれる2列目のセンターです。

このポジションは、センターとその両サイドの次に重要と考えている人も多いぐらい重要なポジションです。特に欅坂のフォーメーションだと7-7-7なのでど真ん中の中心となります。

 

さらにいうなら、曲によりますが、裏センターはカメラにも抜かれる時間は多いポジションと言えます。なので2列目だから、、、と悲観的にはまったくならなくて良いでしょう。

そもそも欅坂はもうポジションがそこまで重要ではなくなってきたような気さえも少しするのは僕だけでしょうか?

 

欅団長が考える7thシングル新センター予想の3人とは?

完全に気が早い話をしております。笑

前半、後半(ブログ限定公開動画)となっております。

前半

 

 

後半(ブログ限定公開動画

 

この記事を今すぐSNSでシェアする▼▼▼▼▼▼▼▼

Check!!
欅坂46のグッズは、楽天ブックスに専門のストアがあります。こちらからCDやDVDなどを確認してみてね~
欅坂46ストア 【楽天ブックス】

コメントを残す